ヘルシー通信

ビタミンやミネラルが体や美容にいいの知ってるけど実際に何がいいか知っていますか?

「ビタミンCが肌がいい」のは有名ですが、他のビタミンやミネラルは体にどう働くのでしょうか?

そして、最近話題の「ファイトケミカル」とはなんでしょうか?

今回は7大栄養素において美容関する栄養素を解説していきます。

 

それぞれの栄養素の働きは?

・ビタミン

タンパク質や糖質をエネルギーに変えてくれたり体に必要な物質を作るのに必要な栄養素です。
コラーゲンを作るのに欠かせないビタミンCや疲れた体を元気にするビタミンBなどいろんな種類のビタミンがあります。

 

・ミネラル

骨や歯を作ったり体の水分を調節しり色々な働きや補助をしてくれる栄養素です。
酸素を全身に運ぶ鉄分や骨の成分カルシウムなどが有名です。

 

・ファイトケミカル

植物だけが作れる成分でアクや色素成分の総称です。
第七の栄養素と言われ老化予防に約立つと言われています。

 

悩み別!体に必要な栄養素!

ニキビ しわ しみ 肌 トラブル ビタミン ミネラル

・ニキビが多い

ビタミンA・Cで肌の新陳代謝を上げましょう。
人参はビタミンA・Cが豊富な上に食物繊維がたっぷりなので便通がよくなりニキビや吹き出物の解消作用があるのでオススメです。

 

・ニキビ予防

肌の健康には動物性タンパク質、ビタミンA・B2・B6・C・Eなどが効果的です。

ビタミンB群はレバーや豚肉に豊富です。
ビタミンCはパプリカやブロッコリー、柑橘類などに豊富です。
ビタミンEはアーモンドや落花生、かぼちゃにピクルスに豊富です。

体質によりニキビが出やすい人は脂質を抑えた食事を心がけましょう。

 

・しわが気になる

肌など体の組織を作るのはタンパク質が重要になります。

またビタミンAは肌の潤いを、ビタミンB2・B6は張りや弾力性を与え、ビタミンCはコラーゲンの生成を助け、ビタミンEは血行を促し潤いをもたらします。

例えば焼き魚定食でタンパク質を始めビタミンたっぷりの野菜中心のおかずを食べると良いです。

 

・シミが目立つ

シミそばかすの原因はメラニン色素の沈着。
それを薄くするには色素を無色にするビタミンC、肌の代謝を高めメラニン色素を排除するビタミンB2がオススメです。

 

・日焼け予防

日焼け予防にはビタミンC・Eとβーカロテンがオススメです。
例えばトマトとイチゴのスムージーなどが良いですが砂糖は肌のシミそばかすを増やすので入れないようにしましょう。

 

・抜け毛予防に

女性もタンパク質が足りないと毛根が痩せて毛が抜けやすくなります。

毛根に一番大切なのはタンパク質、なかでも含硫アミノ酸です。
たまごはアミノ酸のバランスが完璧な上、ビタミンCと食物繊維以外ほぼ全てとれるのでオススメです。

 

・むくみがひどい

たちっぱなしによる足の浮腫がひどいときは体の水分代謝を整えてあげる必要があります。
梅干しなどのクエン酸は疲労回復にはいいのですが、塩分が多いため食べ過ぎると逆にむくむことも。
すいかなどのカリウムを摂取すると利尿作用があり体内の水の循環を助けてくれます。

 

・腸内環境を整える

納豆には食物繊維と納豆菌、大豆オリゴ糖が含まれているので腸内環境を整え便秘を解消してくれます。

また玄米は難消化性でんぷんという胃や腸では消化されず大腸まで届く食物繊維を含んでいて便秘にも効果的です。

 

・アンチエイジング

老化予防にはビタミンC・E・βーカロテンがあります、
野菜を食べるのであれば白菜や大根などの淡色野菜ではなくパプリカなどの緑黄色野菜を取りましょう。

またほうれん草に含まれているルテインも強い抗酸化作用があります。
飲み物に関しては緑茶に入っているカテキンという抗酸化物質が豊富なので積極的に取りたいです。

 

 

まとめ

美容のために限らずしっかり食事をとると元気で健康でいられます。
ダイエットなどで食事を減らすと体に必要な栄養が取れなくなり美容にも悪影響は出ます。
せっかく綺麗になるためにダイエットするのでしたら栄養のことも考え綺麗に痩せていきましょう。

あなたの美と健康をこころより応援しております。

 

参考書籍:もっとキレイに、ずーっと健康 栄養素図鑑と食べ方テク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。