ヘルシー通信

たとえダイエットが成功してもリバウンドしてしまっては今までの努力が水の泡になってしまいます。

また1から努力するのは大変なので、痩せたら二度と戻らないようにしたいですよね?

というわけで、今回はちゃんと痩せていられる人必ずリバウンドしてしまう人の習慣や行動を比較していきます。

あなたはこれに当てはまっていませんか?

 

ダイエット終わっても健康的な生活をする人×ダイエットが終わったら暴飲暴食する人

暴飲暴食 リバウンド ファーストフード

そもそも「どうして太ってしまったのか?」「どうしてダイエットを始めたのか?」をまず考えてみましょう。

そこには必ず原因があるはずです。

例えば「夜遅くに食べる」「ストレスが溜まると暴飲暴食する」「運動嫌い」などなど。

ダイエットの一番の理想は「体重を落とすこと」でなく「健康的な生活習慣を身につける」ことです。

何故なら健康的な生活習慣を身につけたら「がんばるぞー!」と気合いを入れなくても勝手に痩せていくからです。

ダイエット中に頑張ってつけた健康習慣をダイエットが終わったとたん止めてしまう人は太る習慣に戻ってしまいます。

習慣が身につくには2ヶ月ほど意識して行動する必要があります。

なので「たった1ヶ月でマイナス5キロ!」なんて広告につられると少しの間は体重が落ちますが必ず戻ってしまいます。

急に食事を少なくしたり我慢して運動する必要はありません。

何故なら嫌々やっていることは続かないからです。

「週一回はエレベーターを使わないで階段使う」「夜8時以降は食べない」など少しずつでいいので一歩ずつやっていきましょう。

 

たんぱく質を取り運動しながら痩せた人×断食して痩せた人

ダイエット タンパク質 リバウンド

最近は「運動をして代謝を上げよう」という考え方が広まりつつありますが、まだまだ食事を削る方が多くいます。

カロリーを取りすぎている人が摂取カロリーを正常値にするのは良いですが、元々あまり食べていない人がさらに食事を減らしたり、一日に取らなくてはいけないカロリーより大幅に摂取カロリーを減らしてしまうと身体が飢餓モードになり消費カロリーを節約してしまいます。

そうなると、ダイエットが終わり、食事を戻した時点で必ずリバウンドしてしまうので、断食や1日2食しか食べないなどの食事制限はやめましょう。

地味ですがコツコツ運動して減らした人の方がリバウンドもせずにずっとスリムな体型でいられます。

 

・数字で計算していた人×感覚でやっていた人

リバウンド カロリー

数字は嘘をつきません。

1日2000キロカロリー消費する人が食事を1900キロカロリーにしていれば毎日少しずつ痩せていきます。

もしそれで1900キロカロリーしか取っていないはずなのに太っていく場合は1900キロカロリー以上取っているか、消費しているエネルギーが2000以下なのかどちらかです。

どちらにしても、数字を追っていけば原因と対策が出せます。

感覚でやっている人は「ダイエットしているのに何故痩せないのか?」や「このままの食生活をしていると太ってしまう」というのが掴めません。

毎日体重計に乗って数字を把握もしないので、いつの間にか太っているという事になります。

最初はめんどくさいですが、今から食べるのが何キロカロリーなのか品質表示をみたり自分が何キロカロリー消費するのかを数字で出してみましょう。

一度コツを掴んだら苦労することはありません。

確実に痩せ続けるために数字の把握をしていきましょう。

 

週1回好きなもお食べる×我慢して爆発

ストレス 発散 ケーキ りばうんど

ダイエットは今までの生活習慣を変えることなので始めはストレスがかかります。

そのストレスとどれだけうまく付き合っていくかがダイエットの成功の秘訣になります。

だからこそ「食事を制限」するのではなくうまくコントロールする事は大切です。

我慢して我慢して我慢し続けるとダイエットが終わったときに爆発して反動で暴飲暴食に走ります。

そうなってリバウンドしないためにもダイエットの最中から抜きどころが必要になってきます。

例えば「週1回は大好きなケーキを3時のおやつに食べる」でも良いですし、逆に毎日食べている人は「3日中1日はお菓子食べな日をつくる」など自分が出来る範囲内で少しずつコントロールしていきましょう。

その日1日のトータルカロリーよりも1週間のトータルカロリーをどれだけ削れたのかと大きく見ると、もし甘い物を食べてしまっても罪悪感が薄れます。

どうせ食べるなら思いっきり味わって食べましょう!

 

・趣味を作る人×ストレス発散方法がない人

リバウンド 趣味 ストレス 発散

ストレス社会に生きていたらどうしてもストレスが溜まります。

朝から晩まで働いてるとなかなかストレス発散の方法がないので、どうしても暴飲暴食に走りがちです。

「運動でストレス発散してます!」とまではいかなくても体を動かすような趣味や没頭して楽しんでやれる物が趣味としてある人は食に走りにくいので、リバウンドはしにくいです。

ダイエット生活の中で自分が心から楽しめる趣味を探してみましょう!

 

正しい知識を持ってる×独学でやってる

ダイエット 勉強 リバウンド 防ぐ

いくらダイエットに対して固い決意があっても正しい知識がないと間違えたダイエットをしていまいます。

断食するほどの決意があるのでしたら、もう少し楽にリバウンドしない方法を考えた方をやった方が辛くはないです。

例えば1日3食取っても痩せる方法や、自分の体質にあったダイエット法など、どうせやるなら本などを読んで勉強して効率よく痩せていきましょう。

自分はどんな痩せ方したらいいの?と言う方はぜひ無料カウンセリングキャンペーン中なのでご相談受け付けます。

カウンセリング予約

 

まとめ

今の主流はただ体重を落とすだけのダイエットではなく運動や食事習慣の改善になってきています。

ダイエット産業ではお客様をリバウンドさせて再申し込みさせるシステムが主流ですが、私はどうしてもそれが納得いきません。

正しい知識をつけて賢い消費者となることで、二度とリバウンドしないダイエットをしていきましょう。

あなたのダイエットの成功を楽しみにしております。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。