ほぼ日自分磨き通信

ダイエットを1から頑張るのはとても大変ですよね。
できれば普段の生活で太ることを防げればいいと思いませんか?

今回は「え?それだけでいいの?」と思うような気軽な痩せ習慣を紹介していきます。

 

・体重計にこまめに乗る

体重計 レコーディング ダイエット

自己管理をする上で数字はわかりやすい目安となります

1キロ減らすのは大変ですが、100グラム増えた時点で気付ければ、すぐに調節できるのでストレスなく体重を維持できます。

もしダイエットをしていなくても最低でも週一回、できれば毎日、体重計に乗って体重を把握してみてください。

 

・オシャレする

おしゃれ ダイエット 大切

普段から着るものに意識をしていると見た目に敏感になります。

また全身鏡を見る機会が増えるので痩せていようという意識が高まります。

ここでポイントは洗面台の鏡ではなく全身鏡というところです。

男女共に、お肉はお腹や下半身など下の方につくので洗面鏡では変化に気づきにくいことがあります。

服に沢山お金をかける必要はないですが、オシャレをして全身鏡を見る習慣が付くと自然と美意識も高まり痩せる行動に結びついていきます。

 

・部屋を綺麗な状態にしておく

汚部屋 太りやすい

部屋の乱れは心の乱れと言いますが部屋が散らかっていると色んな物が目にはいるため注意力が散漫になります。

またコルチゾールと言うストレスホルモンが分泌されます。
コルチゾールは食欲を増進させる働きがあることが科学的にも証明されています。

部屋綺麗だと余計なストレスが脳にかからないので好きなことに集中できたり余分な間食をせずにすむので太ることを防げます。

 

・寝る前のスマフォやパソコンを避ける

寝る前 スマフォ

ブルーライトは眠りを浅くしたり空腹を促進させます。

またSNSや動画などすると交感神経が優位になり寝つきが悪くなります。

スマフォをみない!というのは辛いかもしれませんがよい睡眠をとるためにも寝る30分~1時間前には避けた方がいいです。

 

・規則的な睡眠サイクル

睡眠 不足

睡眠は体調管理はもちろんの事、ダイエットにとても関わってきます。

夜更かしをすると睡眠不足から脳が疲れを感じ栄養を欲します。
これが夜ご飯を食べたのに夜食が欲しくなる原因です

また睡眠不足になるので些細なことにイライラしてストレスがたまります。

ご存知の通りストレスが必要以上にたまると…そうですね、食欲が増します。
寝不足や余計なストレスを防ぐためにも、睡眠をしっかり取ってみてください。

 

・栄養のある食事をする

野菜 ダイエット 大切

つい、忙しいと外食やインスタント食品が多くなってしまいます。
ただ、お腹いっぱい食べてもインスタント食品やファーストフードは満足感が得られないことがあるかと思います。

食事の満足感には栄養が深く関わっています。
ビタミンやミネラルが十分に取れないと「まだ栄養足りてないよ」ともっと栄養を欲する信号を脳が発します。

少しの量で十分な満足感を得て食べ過ぎないためにも栄養のバランスが整ったご飯を心がけてみてください。

 

まとめ

飽食の時代と言われる現代では油断するとすぐに太る食生活になっています。

もちろん食事だけでなく、色んな習慣が太るキッカケになってい流のが現実です。

些細なことですが気をつけることで痩せている状態を保つことが可能ですのでぜひ試してみてください。

あなたのダイエットの成功をこころより応援しております。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。