ヘルシー通信

「絶対にやせたい!!でも食べちゃう!!」「ご飯控える!!でも甘いもの食べちゃう!!」皆さんはダイエットでつらい思いをしていませんか?
結論からいうとダイエットは頑張ってはいけない!と言うことです。

かくいう私も常に我慢との葛藤と挫折を繰り返し続けていました。
目標が達成された今、昔のことを振り返ってみると自分の考え方や思い込みで味あわなくていい苦痛を自分に与えてきたなと気づきました。

ということで、自分の自信を奪ったり痩せられないようになってしまう勘違いの代表例を皆様にお伝えします。
これをみて、私と同じ間違いをしないように気をつけようと思っていただければ嬉しいです。

 

勘違い1:体重を落とせばいいと思っていた。

ダイエット 間違い

「痩せたいからとりあえず頑張る」「とりあえず炭水化物抜いたらいいや」「とりあえず運動したらいいや」と私は考えていました。
結論から言うと、そんなんで痩せるわけがありませんでした(無駄な時間とお金をかなり失いました)。

 勿論、体重を一時的に落とすことは簡単です。汗かいて水分抜けばいいだけです(脂肪はほとんど落ちてません)。
ただ『綺麗に痩せる』『かっこよく痩せる』にはそれなりの知識と強い想いが必要です。

まず行動ではなく、自分が何の為なら必死になれるのか?どうしても痩せたい理由を見つけること(ゴールの設定)が一番重要で一番先にすべきことでした。

あなたは私のような無駄な努力はしないようにしてください。

 

勘違い2:決断(コミット)していると思いこんでいた。

ダイエット 決断 勇気

例えばあなたの目の前で大切な人、自分の子供や恋人や親友が溺れていたらどうしますか?
あとで助けますか?しんどかったらやめますか?ちょっと上手くいかなかったら諦めますか?
絶対に達成するという強い想いがない裏には「そこまでは頑張りたくない」とか「しんどい思いはしたくない」など無意識の決断が存在します。
なので「私はすぐに諦める」とか「何度も挫折するなんて」と自分を責める必要は一切ありません。
まずは決断できていなかったかもしてないと気づき、絶対に諦められない目標を明確化してみてください。

 

勘違い3:自分はできない、ダイエットは難しいと思いこんでいた。

ダイエット できない 難しい

何度もリバウンドやダイエットの挫折を味わっていると自己評価が低くなり、できることも出来なくなります。
例えばあなたは今まで根拠はないけど「できる!!」と信じてやり抜いたものが本当に叶ったことはありませんか?
私は最近で言うと目の前で電車が出発してしまいそうになった時「でもこれを逃したら遅刻する…頑張れ自分!間に合う!!できるできる!!」と走ったら何とか間に合ったなんてことがよくあります。(※よいこは真似しないでね)

根性論や精神論のように聞こえますがプラシーボという言葉があるように同じ重さの荷物でも「私には無理だ、難しい」と思った状態と「私はできる、簡単だ」と思った状態では出る力がかなり異なることが科学的に証明されています。

モデルの人は自分がモデルだと考えているからモデルとしての行動をとるように、痩せている人が暴飲暴食を有り得ないし自分らしくないと思うように、目標を達成したから痩せる考え方や在り方を身につけるのではなく痩せる考え方や在り方を身につけたからこそ結果として痩せるので、あなたも「私は既に痩せることのできる人間だ」と声に出して思い込んでみてください。

目標達成は根拠のない自信を身につけた者勝ちです。

 

勘違い4:がむしゃらに頑張れば結果が出ると思っていた。

ガムシャラ 頑張る

例えば受験勉強をするとしたら「今の偏差値」と「行きたい格好の偏差値」と「残りの日数」の3つが大切で、その中で自分ができる最善をするかと思います。
これが今の偏差値が分からずに勉強をとりあえずやったり、どこまで勉強したらいいかも把握していなかったり、残りの日数を知らずに始めてしまってはどんどんモチベーションが下がって辞めてしまいます。
これをダイエットに置き換えると自分の今の体重や体質が分からずに、目標も曖昧で、とりあえず「一ヶ月5キロ!!」として始めてしまってはどんどんモチベーションが下がって辞めてしまいます。
まずは自分の「体重や環境、体質や習慣」をしっかり見つめなおし「何をする為に何キロになるのか」、その中で「自分に合った無理のない期間(例:三ヶ月で5キロ)」を綿密に計画していくことで確実に痩せていけるかと思います。

 

まとめ:ダイエットは頑張る必要がありません。

頑張りたくない ダイエット

あなたも私のように無駄な努力をして無駄に悩んで無駄にストレスを抱えないように、気軽で楽しいダイエット生活を送ってみてください!!

あなたのダイエットの成功を心より応援しております。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。