ヘルシー通信

コンビニやご飯屋さんにはおいしい物が沢山ありますが、バランスの取れた食事や低カロリーなものを食べるのはとても難しくなっています。

今回は「どんなものが体に良いかわからない」「ダイエットでは何を食べるのがいいの?」という方のための分かり易い基準である「まごわやさしい」についてお教えしたいと思います。

 

『まごわやさしい』ってなに?

まごわやさしい ダイエット 食事

体によく積極的に取った方がいい食品の頭文字をあわせたものです。

「何を食べたらいいんだろう?」と困った時はこれに沿って料理を作ればバランスの取れた食事が取ることが出来ます。

 

『まごわやさしい』を具体的に解説!

ま:まめ類

まごわやさしい まめ

大豆や大豆製品(納豆、味噌など)、インゲン豆やひよこ豆などのことです。

豆類には良質な植物性タンパク質やミネラルが豊富です。

お肉を食べるのも良いですが豆類なら低カロリーで気軽に良質なタンパク質を取れます。

1日に納豆なら1パックか豆腐なら半丁くらいは食べられたらベストです。

 

ご:ごま

まごわやさしい ごま

ゴマをはじめとしたアーモンドなどのナッツ類のことです。

良質な脂質やミネラルが豊富です。

また「セサミン」や「ビタミンE」などの抗酸化栄養素が入っているので、アンチエイジングや病気予防にも効果的です。

 

わ:わかめ

まごわやさしい わかめ

こんぶやひじきなどをはじめとする海藻類のことです。

ミネラルだけでなく水溶性の食物繊維が豊富なので整腸作用があり、お通じがよくなります。

 

や:やさい

まごわやさしい 野菜

野菜全般のことです。

ビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富です。

目安として1日350g(緑黄色野菜120g/淡色野菜230g)が理想とされています。

現代人は慢性的に高カロリー低栄養な傾向があるので、積極的に取りたいです。

野菜はカットされると、その瞬間から鮮度が落ち栄養が壊れていく上、水洗いすると栄養が流れてしまうので、出来ればカット野菜ではなく丸ごと買うのがオススメです。

 

さ:さかな

まごわやさしい 魚

魚介類全般のことです。

良質なタンパク質な上に、青魚は最近話題のオメガ3系の脂肪「DHA」や「EPA」が豊富なのでコレステロール値を下げたり、中性脂肪を抑える働きがあります。

産地によっては水銀やヒ素など重金属類も摂取してしまう危険があるので、買う物は選びましょう。

オメガについてはこちら「ダイエットにいい油!?取った方がいい油!」を参考にしてください!

 

し:しいたけ

まごわやさしい しいたけ

ビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富です。
特にビタミンDやカリウムが多いです。

カロリーも低いのでダイエットにはもってこいです。

 

い:いも

まごわやさしい いも

良質な炭水化物です。

ビタミンCや食物繊維も豊富です。

最近は「糖質」と一括りにされていますが、控えるべきは砂糖など精製された『単純糖質』であり、玄米やイモなどのいわゆる自然の物の『複合糖質』は、食物繊維やビタミンなど、その他の栄養も取れるの上、満腹感も長持ちするのでしっかり取りましょう。

ただ白米は精製されているのでダメとは言いませんが難しいところです。

 

まとめ

食事は「これを食べたらいい!」というのはなく、バランスよく食べることで、色んな栄養を取れます。

ヘルシーなおかずをいくつか食べることは健康にも美容にもダイエットにも効果的です。

何を食べたらいいのか迷ったときは「まごわやさしい」を意識して食事をしてみてください。

あなたのダイエットの成功を心より応援しております。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。