ほぼ日自分磨き通信

ダイエットをしたいけどジムに行く時間もお金もないし正直めんどくさいって思うことがありますよね?

そんな方にオススメ、1日4分だけ脂肪燃焼が1日以上ずっと続く運動をご紹介します!

 

HIITとは?

ダイエット フィットネス

HIITはハイ・インターシティー・インターバル・トレーニングのことで日本語では『高強度インターバルトレーニング』と呼ばれています。

20秒程の激しい運動と10秒の休憩繰り返すだけのもの。

立命館大学の田畑教授が発表されました。

体についた体脂肪を燃やし筋肉量を増やして引き締めるのに最適です。

道具も設備もいらないのでジムに通う時間がない人やダイエットにお金をかけなくない人にオススメです。

 

どういう効果があるの?

脂肪燃焼 ダイエット

HIITを4分するだけで運動後40時間も脂肪燃焼効果があるという、とても効率の良い運動法です。

「筋力アップで引き締まった体になる」「ストレス発散で暴飲暴食を防ぐ」「心肺機能や代謝が上がる」など様々な効果があります。

シェイプアップというより筋力をつけて引き締めたり、代謝を上げて脂肪を燃やすことが目的のようです。

 

具体的なやり方

参考動画を見ながらやってみるとわかりやすいです。

 

1種目め:スライドスクワット

高さを変えないようにスライドさせるスクワットです。

伸ばしている足は伸びきるまでスライドしてください。

膝を前に出すと負担がかかり痛めてしまう可能性があるので足の平よりなるべく前に出さないようにしてください。

余裕のある方は、より体勢を低くして負荷をかけて見てください。

 

2種目め:膝付き腕立て伏せ

腰や首を剃ったり曲げたりしないようにして、ゆっくり負荷をかけながら腕立て伏せをしてください。

膝に何かシートやクッションなど柔らかいものを敷いてあげると膝が痛くなくできます。

 

 

3種目め:スーパーマンエクササイズ

うつ伏せになり両手を横に広げて、両手両足を同士に上げます。

できる限り高くあげるようにしましょう。

 

4種目め:ひねり腹筋

膝を曲げた状態で、なるべく腕の勢いを使わず①左→②真ん中→③右の順番で腹筋をします。

腹筋に慣れていない方は腰を痛める可能性があるので起き上がらずバスト下くらいまでのところまでを上げるようにして、腰は使わないようにしてください。

 

慣れてきたら好きなようにアレンジしてみよう

この4種に飽きてきたり、合わないようでしたら「バービージャンプ」や「腿上げ腹筋」など自分にあったエクササイズを取り入れてみてください。

最初は回数よりも慣れることを意識してけがをしないようにしましょう。

この動画は英語ですが色んなやり方を紹介しているので参考にしてみてください。

正直かなりきつそうですし、こんなに長くやる必要はありません。

 

まとめ

いろんなエクササイズや運動法がありますが今回は4分でできるというものを紹介させていただきました。

自分にあった運動を見つけて続く運動習慣を作ってみてください。

あなたのダイエットの成功をこころより応援しております。

 

参考:NIKKEI STYLE

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。