ヘルシー通信

「頑張っているのに結果が出ない」「何で痩せられないのかわからない」
あなたもそんな悩みを一度は抱いたことはありませんか?

ダイエットにおいて適切な習慣を身につけることが一番の近道ですが地味めんどくさがられがちです。
でも、それさえできれば痩せるのは簡単です。

ただ、実際「どんな習慣を身につけたらいいかわからない」と言う方のために痩せる習慣をご紹介していきますので、できることから少しずつ身につけてもらえたら嬉しいです。

 

1:痩せられる人はできることからやろうとする×太り続ける人は一気に全部やろうとする

ダイエット 習慣 痩せてる人

何か新しいことを始めたり、より良い習慣を身につけようとする時に、痩せられる人は時間をかけて少しずつ長期的に考えます。

例えば毎日、運動をする習慣を身につけようとしたら痩せられる人は「まずは週2回20分ウォーキングする」といった、自分の力量に見合ったものを続けるのを前提として計画します。

逆に太り続ける人はいきなり「絶対に毎日1時間ランニングする」といった、すぐに早く結果や目標を達成することを前提として計画しがちです。

「あぁ…今日は出来なかった…」とモチベーション下がってやめてしまったことが一つや二つありませんか?私は幾度となくあります。
まずはハードルを下げてストレスがないくらいのペースで少しずつ始めてみてください。

 

2:痩せられる人はワクワクできるように考える×太っている人はテンション下がるように捉える

モチベーション 保つ やり方

痩せられる人は「これを我慢したら痩せられる。あと1キロで自分にご褒美」と、しなければいけないことも自分のモチベーションが上がることと関連ずけて考えます。だからそのために頑張れます。
太り続ける人「食べたら太る。我慢しなきゃ、我慢しなきゃ」と全てを否定的に考えがちです。どんどんストレスがたまり一ヶ月ほどしたら爆発します。

捉え方、言葉の使い方で物事はプラスにもマイナスにもなります。
もう一度どうなるために痩せるのか思い出してみてください。
辛い思いをするためにダイエットをするわけではなく、その先のワクワクに対してのダイエットだと思えば辛いこともプラスに考えられれるようになります。

 

 3:痩せられる人は過程や目標が明確×太り続ける人は曖昧な目標だけ

目標 曖昧
痩せられる人は「8月までに10キロ痩せる。そのために一ヶ月で2キロずつ落とす。脂肪1キロ7200キロカロリーだから1日1500キロカロリーにしておけば目標達成できる」といったように目標までに今日何をしたらいいかが明確です。
太り続ける人は「8月までに10キロ痩せる!絶対痩せる!食べるの我慢する!あと運動もする!」とざっくり物事を考える傾向にあります。

最初はそれでいいのですが、人は何をしたらいいかがわからないと行動に移すことが難しくなります。
物事は計画段階で成功が8割決まりますので、あなたもまず綿密な計画から始めてみてください。

 

4:痩せらる人は人やシステムの力を借りる×太っている人は自分で全部やろうとする

ダイエット 仕組み

基本的に人間は自分に甘いですし長期間、同じことを続けるのは苦手です。
痩せられる人はそれをわかっているので人を巻き込んでダイエットをしてたりパーソナルトレーニングに頼んで強制的な環境を作ります。
太り続ける人は人に頼るのは甘えだと思い自分の気合と根性でなんとか乗り切ろうとします。

人にダイエットをしていることを言ったり友達と一緒にやるとやらざるを得ない状況が作れます。
モチベーションを保つのは難しいので環境を整えることもしてみてください。

また「パーソナルやジムが高い」と言う気持ちもわかりますが痩せられる人も1万円は1万円と捉えてお金の価値は同じです。
しかしお金を使う優先順位が高いので自分が成長できるところにお金を捻出するのです。
例えば日々のお菓子代を削れば月1万くらいすぐ浮きますので是非自分磨きに挑戦してみてください。

 

5:痩せられる人は決めたことができなかったらハードルを下げてやり直す×太り続ける人はできなかったら決意し直すか全部投げ出す

ダイエット 決意

始めから計画した通りにうまくいくことなんて滅多にありません。
もし「週1回しか甘いもの食べない」と決めても揺らいでしまうこともあります。

痩せられる人は反省はしますが自分をあまり責めすぎず「最初からハードルが高すぎたみたい。次は3日に1回にしてみよう」と計画の修正と実行ができます。
太り続ける人は1度でやりきろうと思い、できないとやたらと自分を責めます。
そのまま心が折れてやめてしまう人が多いです。

またやめないまでも「気合が足りなかった!もう一回頑張ろう!」と計画の変更をせずに同じことを決意し直します。
「100m走を10秒で走りたいけど、15秒だった」という時に気合を入れ直しても14秒くらいにかならないように自分の能力や現在地を冷静に見極めて計画を練り直さないとまた同じ失敗をします。
自分と向き合うのは辛いですが目標達成のために冷静に自分を分析しましょう。

 

まとめ:綺麗に痩せている人の行動を真似てみよう

今日ご紹介したものがあなたにあっているとも限りませんし、他にもいい習慣や悪い習慣がたくさんあると思います。
もし周りに痩せている方がいたら、「何を何故どうしてるのか」聞いてみたら新たな発見になるかもしれません。
「こんな習慣やってるよー」というのがありましたら他の方にシェアさせていただきますのでコメントに書いていただければ幸いです。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。