ほぼ日自分磨き通信

世の中には様々なダイエット法があります。
何が正しくて何が間違っているかは、なかなか分かりにくいものです。

「ダイエットのためにお昼は抑えてる」という方も多いかと思いますが、せっかく抑えるなら効率よく痩せたいですよね?
今回は太りやすい食べ方と体にいい痩せやすい食べ方を紹介しますので参考にしてください。

 

・太りやすい組み合わせ

太りやすい 食べ物

 

サラダ×スープ

タンパク質やビタミンやミネラルが限りなく少ないです。

タンパク質は体を作るのに必要な栄養素なので食べないと肌にハリがなくなりシワができたり、髪がパサパサになります。
代謝も下がるので脂肪が燃焼されずに太りやすい体になっていきます。

また、基本的に野菜は水で晒すとビタミンが流れてしまう上にカットした瞬間からビタミンは壊れていくので外食やコンビニのサラダは栄養がかなり損なわれています。

食物繊維は取れるので意味がない訳ではないのですが栄養はあまり期待しないほうがいいかもしれません。
この食事に付け足すならサラダチキンなどのお肉や、ゆで卵などのタンパク質もしっかり取ってください。

 

春雨スープ×サンドイッチ

「春雨&サンドイッチ」はどちらも炭水化物なので例えて言うなら「ラーメン&ライス」のような状態です。
糖質ばかりでタンパク質やビタミンやミネラルが全く足りません。

ちなみに春雨スープは量が少ないのでカロリーが低く感じますがカップラーメンと同じ量にしたらカロリーは同じくらいになるので数字マジックに騙されないようにしましょう。

 

サラダだけ

炭水化物が何かと話題で取らないほうが良いとされていますが、実は体にはとても大切で摂らないと体を壊し最悪死に至ることもあります。

ビタミンの損なわれたサラダを食べても栄養になりにくい上、食物繊維にはいろんな種類があり、サラダだけでは逆に便が詰まったりお腹が張ることがあります。

お野菜の不溶性食物繊維と海藻やキノコの水溶性食物繊維のバランスが大切なのでいろんなものを程よく食べていきましょう。

 

サラダチキンだけ

低糖質の流れから糖質を一切食べない方がいますが、続けていると必ず体を壊します。

脳は本来、糖質しか栄養にできません。
その糖質がないと飢餓モードが発動しケトン体というものが出て、何とか脳を働かせます。

このケトン体は体内をアルカリ性にする働きがあるので脳にダメージがいきます。
集中力がなくなり仕事や勉強に差し支えが出る上、いたるところに不調が出ますので糖質はしっかり摂るようにしましょう。

ただ、摂りすぎが太る原因になるので、そこはカロリー計算などでコントロールしてください。

どのようにカロリーを計算したらいいの?という方は「さぁ正しいダイエットを始めよう!」をご覧ください。

 

サプリメント×お菓子

「サプリで栄養取ってるからご飯は大丈夫!その代わりお菓子食べよう!」ということは残念ながら通用しません。
サプリメントはあくまで栄養の補助の食品なので食事で栄養を摂ることが基本になります。

また、お菓子は「糖質×脂質」なことが多いので、食べた分はしっかり脂肪になります。
食べてはいけないわけではありませんが少量がベストです。

逆に少量であれば、ちゃんとご飯を食べてお菓子を食べても問題がない上に栄養が足りていればむしろ変な食欲が起きたりしませんので体に栄養をしっかり与えてくあげてください。

ご飯をちゃんと食べなければ食べないほど栄養が足りなく体の飢餓モードが発動し食べたものを脂肪をして蓄えようとするので太りやすくなります。

ダイエットの基本はしっかり食べてコントロールすることなので自分にあった量を見極めるところから始めていきましょう。

 

ドンブリ

太りやすさナンバーワン!!
どうあがいても脂肪になる組み合わせ「糖質×脂質」です。

炭水化物(糖質)を摂ると糖を筋肉に吸収しようとインスリンというホルモンが分泌されます。
このインスリンが脂肪を作る働きがあるので、そこに脂質を摂取すると、どんどん脂肪ができていきます。

具体的に挙げると天丼、牛丼、カツ丼、うな重、すた丼などなど…

ちなみにケーキなどの洋菓子も砂糖と生クリームという「糖質×脂質」の組み合わせなのでれっきとした脂肪製造機です。
美味しいのでたまにはいいのですが毎日食べるのは危険です。

 

・これらが太りやすい原因

太る 原因

よいしょよいしょで挙げましたがこれらが太りやすい原因は

①高炭水化物×低タンパク質

②低ビタミン×低ミネラル

③高糖質×高脂質

という法則があります。

これらを取り続けると頑張って食事を抑えていても逆にカロリーをオーバーしていたり太りやすい体質を作ってしまっています。

「じゃあ、どんなものを食べたらいいの?」と疑問に思った方は「これだけ食べれば大丈夫!完全ダイエット食!」をご覧ください。

 

まとめ

7大栄養素(炭水化物、たんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラル、食物繊維、ファイトケミカル)をバランスよく食べることが大切になってきます。

栄養をしっかり摂ることでダイエットのスタートラインに立てるので流行りのダイエットに流されず正しい食事をとって痩せていきましょう。

あなたのダイエットの成功をこころより応援しております。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。