ヘルシー通信

色んなダイエット方がありますがそれはあくまでやり方、方法でしかありません。

「甘いものが我慢できない…」「運動が続かない…」など色んな悩みがあると思います。

今回はダイエットだけに限らず目標を達成している人が当たり前にやっているとても大切な事をお教えしたいと思います。

 

目標を達成する人ってどんな人?

ダイエット コーチ

あなたは「コーチカーター」という映画を見たことがあるでしょうか?
スラム街にある落ちこぼれバスケットボール部をカーターさんがコーチとなって部員達を成長させていく映画です。

彼こそが「ミスター目標達成」の見本です。

カーターさんはわがまま放題の生徒たちに「遅刻はしないこと」「授業にはちゃんと出ること」「成績を平均2.3以上取ること」などの契約書を書かせ、出来ない場合は罰を与えたり体育館を閉鎖します。
バスケットだけでなく規律やルールを守り卒業してからも自分を律せるように子供達を育てたいというカーターさんの思いが生徒に対する厳格さとして現れた結果でした。

「いや、映画の話ではなくてダイエットの話を聞きに来たんだけど?」という声が聞こえそうですが、これがダイエットにも大切な目標達成術になります。

 

自分を律する術を持っている人が一番強い

自制心 鍛え方

自分だけでダイエットをして自分だけで自分をコントロールしようとすると、基準やルールが曖昧になります。

何故なら曖昧にしても何も言われませんし罰則もないからです。

元々人間は歴史上、飢餓や争いの連続なので使わなくていいエネルギーは使いたくないですし、新たな挑戦や未知のものに恐怖を抱きます。

つまり悪く言うと人間はなまけるようにシステム化されているのです。

では、どうやって動物本来の考えや習慣を変えることが出来るのでしょうか?

それは「環境」と「意志」の二つの方法があります。

 

・環境

「今日は甘いもの食べないようにするつもりだったけど、ちょっとくらいいいか」「今日は雨降ってるし何か身体重いから運動するのやめよう」など、やらなくていい理由はいくらでもあります。

しかし目標達成を本当にするのであればそれは邪魔で余計な感情といえます。

最初は「せざるを得ない」「やらないとヤバい」「出来なかったら何言われるかわからない」といった環境を作ることが大切になります。

軌道に乗ってモチベーションが自分で保てるようになったら外付けの理由はいりませんが、スタート時は色んなことがダイエットを止めるキッカケになってしまうのでやるべき理由を沢山作るのがとてもいい戦略になります。

人なりシステムなり道具なり使えそうなものは使っていきましょう。

 

・意志

ダイエットに気合いや根性などの精神論は一切いりません。
決めたことを淡々とやるだけの事務作業のようなものです。

例えば「朝昼晩に分けて野菜を一日350g以上食べる」「夜7時以降は食べない。摂取するとしてもサプリメントとプロテインだけにする」「運動は週二回、駅まで自転車使わず歩く」など摂取カロリーを減らすか消費カロリーを増やすかだけです。

そこに「やってやるー!!」「今度こそやり遂げるぞー!」という気合いはいりません。
必要なのはたった一つ「決めたことは絶対にやり抜く。絶対に背かない」という意志だけです。

もちろんそう思うために「何の為にダイエットしたいのか?」「目標達成したい理由は?」とモチベーションを高めるための動機は必要です。

ただ、気合いだけ入れて結局新たなことを学ばなかったり対策を練らないのは意味がないのでテンションだけでは意味がありません。

 

どうすれば環境と意思を変えられるのか?

ダイエット 環境 変え方

環境編

あなたの「やらなくてもいい環境」をどうやったら「せざるを得ない環境」に変えられるでしょうか?

例えば私は運動が苦手だったので「週1~2回パーソナルジムによやくする」や「夜遅くになったら8時以降はサプリメントとプロテインから栄養をとる」「家にあるお菓子は全部捨ててコンビニには行かない」などやっていました。

やり方はいくらでもあります。

「友達に宣言して止められない状況作る」「家族に協力してもらってヘルシーな野菜を作ってもらう」などあなたの生活スタイルに合った方法を探してみてください。

もしうまくいかなかったとしても、それで止めないで別のやり方に変えてみるなどトライ&エラーを繰り返して自分のベストを少しずつ見つけてください。

 

意志編

決意することで過去の自分を断ち切ることができます。

ただその決断は目標に対して100%本気でなくてはなりません。

「ここまではしたくないんだよなぁ」という気持ちが少しでもあるとテンションやモチベーションなどの感情でぶれてしまいます。

いきなり100%難しい方は「これくらいなら間違いなくできる」という小さな目標設定をして自信をつけてから目指すのもありです。

他にはダイエットに対する確かな知識を付けると自信がつくので色んな本やこのブログを読んでみてください。

 

とめ

自分を律することは時として難しいことがあります。

「自信がない」「確信がない」「そもそもそれほど求めてない」

やらなくていい理由や途中で止める理由はとらえようによってはいくらでも作れます。

でもそれは何が正しいとか間違っているというのはありません。

やめるのも続けるのもあなたの選択次第です。

それでも「何故、何の為にダイエットをするのか?」という想いが明確になったとき目標達成に頑張れるようになります。

あなたのダイエットの成功を心より応援しております。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。