ヘルシー通信

コンビニのパンやデザートは安くて美味しいですよね!?

ただ裏面の品質表示には必ずと言っていいほどマーガリンホイップクリーム植物油脂が入っています。

マーガリンは一時期「食べるプラスティック」と言われていましたが実際は何が悪いのかご存じですか?

今回はダイエットにも悪いトランス脂肪酸について徹底解説したいと思います。

 

 

トランス脂肪酸って?

代表的なマーガリンを例に挙げるとバターは元々、牛乳を固めたものですが、マーガリンは植物油脂に水素を添加して固めている人工物です。

扱いやすく安い上「植物油なら体によさそう!」と言うイメージから昔はもてはやされましたが「トランス脂肪酸」が多く含まれていることから世界各国が使用を禁止にしています。

トランス脂肪酸のコレステロールを成分が細胞の核(遺伝子)に影響を与えコレステロールを体内で作り出します。

そのことが様々な病気の原因になります。

・肥満・動脈硬化・ガン・心臓病・認知機能の低下・アトピーやアレルギー

・骨の発達不全・不妊症(男女共に)・流産

・胎児の体重増加不良・母乳の質の低下などなど。

自分だけならまだいいですが自分の子供や孫にまで影響することを考えると控えた方が良さそです。

 

取らないためにはどうしたらいいの?

マーガリンなど植物油脂原料の物は使わない

コンビニのパンやスイーツはほぼ100%使われています。安さと手軽さの代償ですが、そのような物を使っていないケーキ屋さんやパン屋さんで買ってみましょう。味も風味も比べものにならないくらいおいしいです。

 

市販のお菓子やアイスは食べない

裏面の品質表示を見ると多くの物が「植物油脂」と書かれています。便利さではなく健康面だけでいったらリスクが大きいので出来るだけ避けた方がいいでしょう。

カップ麺やスープ

 

植物油脂などの製品が多く使われています。むしろ使っていない商品を探すのが大変なくらいです。

もし可能なのであればなるべく外食でなく自炊を選択した方が良さそうです。

忙しい方も週1回から始めてみてください。

 

じゃあ、何を食べたらいいの?

バターケーキ

バター

確かにマーガリンには塗りやすいと言うメリットがありますが、健康に対してはデメリットだらけです。

味も風味もバターは素晴らしいので、マーガリンを使われている方は使ってみてください。

ただ、食べ過ぎはダイエットにも健康にもよろしくないので注意が必要です。

 

生クリーム

ホイップクリームは植物油脂で出来ておりトランス脂肪酸を多く含みます。コンビニスイーツは間違いなくホイップなのでもしケーキやスイーツを食べたかったらケーキ屋さんで食べましょう。少し高いですが美味しさが比べものにならないので少量で満足でき食べ過ぎを防げます。

 

パン屋さんのパン

コンビニは気軽で安くて便利ですが安いには理由があります。トランス脂肪酸を多く含むショートニングファットスプレッドが多く含まれています。菓子パンになるとホイップまで入っているのでカロリーも高い上にトランス脂肪酸の宝庫です。ダイエットを機に安いものでなくいいものを食べる食習慣を是非身につけてください。

 

まとめ

甘くておいしいコンビニスイーツや菓子パン、お店で食べる揚げ物…どれも便利なうえにおいしくて魅力的ですが上手に付き合っていく必要があります。

たまに食べるのは良いですが、食べすぎはダイエットにも健康にも好ましくはないのでお気をつけください。

あなたのダイエットの成功や健康をこころより応援しております。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。