ほぼ日自分磨き通信

「油はダイエットの敵!」のようなイメージがありますよね?

でも実は油を取らないと肌も骨も内蔵もボロボロになってしまいます。

せっかくキレイになろうとしてダイエットしてるのに、それで見た目が悪くなったら元も子もないですよね?

今回は油、つまり「脂質」について徹底的に解説していきます!

 

・どんな油を取ったらいいの?

画像:natures-health

大きく分けて脂質には3種類在ります。

 

トランス脂肪酸

表には描いてないですが、マーガリン、ファーストブレッドなど化学的に作られた人口の脂のことです。
トランス脂肪酸はガン、心臓病、脳卒中などの動脈硬化の原因になります。
コンビニのパンやデザートにはほぼ100%入っています。
自然界にはほとんど存在しないものなので控えた方がいいです。

トランス脂肪酸については「ダイエットの敵!マーガリンなどのトランス脂肪酸を徹底解説!!」を参考にしてください。

 

飽和脂肪酸

肉の脂やココナッツオイル、バターなど常温で固まるもの。
肉をよく食べるようになった現代人は飽和脂肪酸を取りすぎています。
体には大切なのですが取りすぎると肥満や動脈硬化の原因になるので、肉をしっかり食べる方はなるべく控えた方が良さそうです。

ただ全くお肉を控えてる方は不足しているのでココナッツオイルなどで補ってあげましょう。

 

不飽和脂肪酸

サラダ油やオリーブオイルなど常温で液体のものです。

不飽和脂肪酸の中でもさらに3種類に分かれて、体に必要なものや取りすぎな油がります。

「オメガ9系」・・・オリーブオイル、なたね油など体内で作ることのできるもの。食べる機会も頻繁にあるので特別意識しなくても大丈夫です。

「オメガ6系」・・・サラダ油などから取れますが揚げ物を食べただけで1日の必要量を超えてしまいます。
現代は取りすぎているのでなるべく控えるようにしましょう。

「オメガ3系」・・・青魚からとれるDHAやDPAや亜麻仁油から取れます。現代人はは不足しがちな油なので積極的に取りましょう。
酸化しやすいので青魚からは干物などでなくお刺身などで取るのがオススメです。

 

何で取ったほうがいいの?

・エネルギー源になる。

脂質1g=9kcalという効率のいいエネルギー貯蔵庫。

ありすぎると脂肪として貯まりますが体を動かしたりエネルギッシュに働くにはなくてはないものです。

 

・細胞膜の原料になる

体を作っている全ての細胞は全て細胞膜で形作られています。
肌のハリを保ち乾燥を防ぎます。美容にも必ず必要ですのでダイエットだからと言って取らないのは危険です。

 

・ホルモンの原料になる

ホルモンはいろんな体の働きを促してくれます。特に性ホルモンが分泌されないと生理不順や婦人系の病気の原因になります。

 

・結局何を取ったらいいの?

説明が長くなりましたがつまり

『オメガ3系の脂を取りましょう!!』

具体的には青魚を食べたり亜麻仁油がありますが、良質な油を摂る必要があります。

まず、最近の青魚は海の汚れによりヒ素や水銀などの体に悪い成分(重金属類)が入っている可能性がありますので産地は気をつけましょう。

また日本では油の基準がないのでサラダ油に少し亜麻仁をつけるだけで「亜麻仁油」と売っていいことになっています。

サプリメントで摂る際も「本当に良いものなのか?」というのを調べてから使うようにしましょう。

 

まとめ

油というのは体にとても大切なものです。
ダイエットだからと言って取らないと健康や美容によくありません。

ただ、本当にいいものを取らないと逆に体に悪いこともあるのでちゃんとしたものを取りましょう。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。