ヘルシー通信

「何度もダイエットを失敗している」「ダイエット成功の秘訣や方法を知りたい」「どうやったらリバウンドしないのか?」などなど色んな悩みがありますが目標達成には共通した秘密や秘訣があることをご存じでしょか?
ダイエットを成功して輝き続けている方はほぼ全員が、それを意識的にも無意識的にも継続できたからこそ目標を達成しています。
それは小手先のテクニックや気楽なノウハウではりません。
ただ、精神論や根性論ではなく科学的に証明されている理論です。
なんか難しそうに聞こえますがそんなことはなく、誰もがわかりやすいように「あとはやるだけでいい」と言うところまで解説していきます。

 

ステップ1:なりたい自分の姿を明確にイメージする。

イメージ 量子力学 夢 できない
体重何キロで体脂肪が何%で、どんな服やアクセサリーを着けていて、どんな髪方で、どんなメイクで、どんな友達や家族や恋人はどんな声をかけてくれて、その姿でどこに出かけるのかなどをまずは明確にイメージします。
心理学的にも「わからない」とか「やってみないとイメージできない」と考えを止めた時点で行動も止まります。
そして何の為、誰の為に、そこまで頑張るのか?目標達成によって得られるものは何なのか?を既に達成したかのようにイメージしてください。
50キロを目指したのであれば50キロでダイエットをやめるように目指したもの以上にはなれません。
できるかできないではなく、なりたい自分をイメージしてみてください。
その通りの結果になります。

 

ステップ2:イメージが達成することを受け入れてプラスのことにフォーカスする。

イメージ ポジティブ プラス モデリング
そのイメージを受け入れるということは、目標達成が当然の結果のように考え振る舞うということです。
「私は半年後にモデル体型になることが決まっている。だからモデル体型になる私としては単なる食事制限じゃなくて低カロリー高栄養な食事をとって、適度な運動をする」「半年後に体脂肪が7%減っていて、好きな人と付き合えている。だからそれができる私としては健康とオシャレを毎日勉強しながら自分を磨く」といったように考えや行動を達成できる自分を前提として選択してください。
また、「甘いものが食べられない」「痩せないといけない」といった義務感やネガティブなところにフォーカスするのではなく、本当になりたい自分のイメージだけにフォーカスしたり「低カロリーな野菜ならたくさん食べられる」とできることに見方を変えてみてください。
できていない自分に注目すればするほど、またその結果を導く行動になります。
見方や考えが変われば行動が変わるので、そこに変更をかけられれば自動的に痩せていきます。

 

ステップ3:できている前提で物事を考えて感謝する。

目標 達成 感謝
「頑張ったらできる」「達成したい」というのは前提として「今は達成できていない」というものをイメージさせてしまっています。
「私は達成できる能力があり、それを継続できている」ということを信じてください。
また、例えば周りの人が協力してくれてダイエットが成功したら皆さんはどんな感情を抱きますか?
「協力してくれてありがとう」「あなたの協力もあって目標達成できたよ!」と感謝すると思います。
だからこそ、先に感謝の感情を抱き達成の状況になりきることで、よりダイエットの成功の状況を引き寄せることができます。

 

ステップ4:自分のイメージしていない結果が出てきたときは考えを変えるキッカケ

コミット100% 意図100
「運動しているのに結果が出ない」「食事制限しているのに痩せない」というときは何かを改善したほうがいいよという合図です。
停滞期という避けられないタイミングなのかもしれませんし、運動で使っている筋肉が効果的でないのかもしれません。
ただ大体の場合が、やっているダイエットが体質に合ってないことが多いです。
調べてみるのもいいかもしれませんし、専門家に聞くものいいかもしれません。
素直に現状を受け入れ、前に進む為にはどうすればいいのか考えてみましょう。

 

まとめ

人は信じたものを証明したくなる生き物だそうです。
自分はできないと思ったら99回の良いことより1回の間違いにフォーカスしてしまい「ほらやっぱりダメだった!」と思ってしまうものです。
まずは根拠のない自信から始めて理想の自分に向かっていってください。

あなたのダイエットの成功と幸せをこころより応援しております。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。